サイト内検索

サイト内検索

痛みの基礎知識

2輪 アルキャンハンズ クラッチワイヤー メッシュ 100mmロング 品番:JM120C10 メッシュアウター ホンダ ゴリラ 1999年〜 JAN:4560182268286
「痛み」はとても不快な感覚ですが、「痛み」とはそもそも何なのでしょうか。自分の「痛み」を知って、「痛み」とうまくつきあっていきましょう。

痛みとは

9本収納 大容量収納 セルフスタンド ゴルフ クラブケースフード/大型ポケット付き超軽量 低重心 安定感OK、四色

イグニオ ハーフ スタンド キャディバッグ 軽量1.7kg 7型 IG-0B1020STCB メンズ ゴルフ IGNIO
しかし、なかには「生命活動に必要ではない痛み」もあります。
必要以上に長く続く痛みや、原因がわからない痛みは、大きなストレスになり、不眠やうつ病など、ほかの病気を引き起こすきっかけにもなります。このような場合は「痛み」そのものが“病気”であり、治療が必要です。

痛みを感じる一般的なしくみ

切り傷や火傷、打撲などにより身体が刺激を受けると、「身体が傷ついた」という情報が発生します。その情報は電気信号に変換され、神経を伝って脳に届きます。脳がその情報を認識して初めて、「痛い」と感じるのです。
Kanto TUK Premium Powered Speakers - Pair with S6 Desktop Speaker Stands (W並行輸入品

薔薇物語 下 (ちくま文庫 は 35-2)

ひとくちに「痛み」といっても、原因や状態によってさまざまです。
DB Magazine (マガジン) 2010年 09月号 雑誌
痛みの原因や状態により、適切なアプローチが異なるため、まずはご自身の「痛み」について知ることが重要です。

からだに危険を伝える痛み(侵害受容性疼痛)とは

切り傷・火傷・打撲・骨折などのケガをするとその部分に痛みを起こす物質が発生します。この物質が末梢神経にある「侵害受容器」という部分を刺激することで痛みを感じるため、「侵害受容性疼痛」とよばれています。
一部の頭痛や歯痛、関節リウマチや変形性関節症の痛みなどもこれに該当します。侵害受容性疼痛は重くズーンとした痛み方が特徴です。この痛みは、ほとんどの場合、急性で、一般的な鎮痛薬が効果を示します。

代表的なからだに危険を伝える痛み(侵害受容性疼痛)

JUN 軽量クロモリフライホイール スタンダード シビック EF系 B16A 2001M-H004 純正形状 JUN AUTO ジュン ジュンオート 田中工業 フラホ フライホイール

何らかの原因により神経が障害され、それによって起こる痛みを「神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)」といいます。
帯状疱疹が治った後の長引く痛みや、糖尿病の合併症に伴う痛み、坐骨神経痛、頚椎症に伴う神経障害疼痛などがあります。傷や炎症などが見えないにもかかわらず痛みがある場合には、神経が原因となっていることがあります。
40代以上に多く、日本では約660万人以上※の患者さんがいると推定されています。
※小川 節郎 ほか: 臨床整形外科 47(6): 565, 2012[L20120604010](利益相反:本調査は、ヴィアトリス製薬株式会社及びエーザイ株式会社の支援を受けた)

からだに危険を伝える痛み(侵害受容性疼痛)と神経の痛み(神経障害性疼痛)の分類に当てはまらない痛みとは

従来、からだに危険を伝える痛み(侵害受容性疼痛)と神経の痛み(神経障害性疼痛)にも当てはまらず、「心因性疼痛」と呼ばれることの多かったこの分類の痛みは、脳の認知の異常によって生じる痛みであり、その問題の本質は心(精神機能)ではなく、脳(身体についての認知機能)にあると考えられています。

現在の医学では、依然として検査で異常が発見できない場合がありますが、原因が無く痛みを感じているわけではなく、脳に何らかの変化が起きている可能性があります。
現時点では未だ原因が明らかにされていない線維筋痛症に伴う疼痛もこの分類に含むと考えられております。

代表的なからだに危険を伝える痛み(侵害受容性疼痛)と神経の痛み(神経障害性疼痛)の分類に当てはまらない痛み

痛みの慢性化

急に痛くなり、1カ月以内でおさまる痛みは「急性の痛み」、3~6ヵ月以上と長く続く痛みは「慢性の痛み」といわれます。「急性の痛み」は、その原因となるケガや病気が治れば消えていくものですが、痛みが生じたときに適切な治療をせずに、そのまま放っておくと、「慢性の痛み」に変わってしまう場合もあります。
メール便送料無料 呉服屋 正絹 丹後ちりめん帯揚げ 帯あげ 和装小物 着付け小物 訪問着 3枚までメール便OK お祝い 正月 晴れ着 絹100% 女物 女 婦人 女性 レデ

通常、痛みが生じても、交感神経の反応はすぐにおさまり、血行が改善されて、痛みが鎮まります。しかし、痛みが長引くと、血行の悪い状態が続いて「痛みを起こす物質」が多く発生するようになります。この「痛みを起こす物質」は血管を収縮させるため、さらに血行を悪化させ、また「痛みを起こす物質」が発生する、という“痛みの悪循環”を引き起こしていきます。
また、痛みが慢性化すると、痛みを引き起こした原因がなくなっても、痛みを取り去ることがなかなかできなくなります。
さらに、痛みが続くことで痛みにばかり注意が向きがちになり、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態につながり、ますます痛みにとらわれて症状が重くなるという悪循環に陥ることもあります。

西郷南洲遺訓?附 手抄言志録及遺文 (ワイド版岩波文庫)

早めに相談

Arteza Neon & Metallic Heat Transfer Vinyl Sheets Set of 20 Iron On Vinyl B

痛みを慢性化させない為にも、あなたの痛みを正しく把握し、早期に適切な治療を行うことが大切です。
薩摩宝山福寿 芋焼酎 25度 1800ml 西酒造 鹿児島県 中薩地方

即配 スマートフォン用セルフィージンバル MOZA NANO SE ブラック MST01 MOZA モザ
日本大学 名誉教授 小川 節郎 先生